ATタイヤで雪道を走行する危険性について

ATタイヤ_雪_危険性
ATタイヤ_雪_危険性

  

皆さんこんにちは、わいぐち(@yguchi_E90_320i)です。

大型SUVなどの標準タイヤとして採用されることが多いAT(オールテレーン)タイヤ

そのゴツゴツとした見た目から

  

これなら雪道も走れそう

  

なんて思う人かたもいるかもせれません。

銘柄でいうとヨコハマ ジオランダーATやブリジストン デューラーATなどがポピュラーですよね?

しかし、このATタイヤで雪道を走ろうとすると大きな落とし穴が待っています。

今回はこのATタイヤで雪道を走る危険性について、私自身の経験談を踏まえながらお話していきたいと思います。

  

こちらの記事をYOUTUBEで視聴する

  

  

そもそもATタイヤって何なの?

それではます、皆さんが疑問に思っているATタイヤのATは何かについて説明いたします。

  

「AT」は「ALL TERRAIN」の略であり、和訳すると「すべての地形」という意味になります。

読み方は「オールテレーン」です。

  

和訳を読んだだけでほとんどの方がどのようなタイヤか理解いただいたかと思いますが、ATタイヤはアスファルトや、砂利道、ぬかるみから雪道などどんな地形にも対応していると謳ったタイヤとなっています。

こんな特徴があることからSUV等、オフロード車を中心に純正タイヤとして採用されていることが多いのです。

  

  

オールシーズンタイヤとの違いは?

ATタイヤが様々な地形を走行することを前提に作られたことは理解いただけたかと思いますが、皆さんの中に

  

ATタイヤとオールシーズンタイヤは同じなの?

  

ということを疑問に思った方がいるかと思います。

なお、同じが違うかという質問に対しては

  

違う

  

が正解となります。

確かにどちらも雪道の走行が可能と謳っている商品ですが

ATタイヤはどちらかというと使用用途は必ずしもアスファルトの上でないという前提で、雪道もその中に含まれているという考え方の一方

オールシーズンタイヤはアスファルトの上を走行することを前提に冬を含む4シーズン、問題なく走行できるコンセプトのもと作られています。

そのため、雪道に対するアプローチの仕方も分かれており

ATタイヤはゴツゴツとしたトレッドを活かし、雪に食い込むことでトラクションを稼いでいる一方、オールシーズンタイヤはトレッドの内側のゴムをスタッドタイヤのゴムと同じ素材を使ったり、トレッドの一部にサイプをつけるなど、ATタイヤに比べより複雑な構想をしています。

このようにATタイヤとオールシーズンタイヤではコンセプトも構造も全く別物となっています。

  

    

ATタイヤで雪道を走るとどうなるの?

さて、これから本題に入っていきますが、ここまで読んでいると

  

ATタイヤでも雪道走れそうじゃん!

  

なーんて思いますよね?

確かにATタイヤで雪道を走ることはできるのですが。。。

  

雪の状態によってタイヤの性能がかなり変わってしますのです

  

というのも、先ほど上記した通り、ATタイヤはタイヤのトレッドをゴツゴツしたものにすることで雪道やその他の地形でトラクションを稼ぐようにしています。

もちろんサマータイヤのような燃費や静穏性を重視したツルツルのタイヤよりかはトラクションは稼げているのですが、使用しているゴムは基本的にサマータイヤと同じものとなっております。

そのため、気温が低く、締まった雪質の時はかなりグリップするのですが

  

気温が高く、水分が多く含んでいる雪の場合、めちゃくちゃ滑ります。

  

実は最近のスタッドレスタイヤは目に見えないレベルで無数の穴が開いており、いわばスポンジのように水分を吸収することができるようになっています。

この機構があるおかげで水分が多い雪質だとしてもある程度のグリップを得ることができているのですが、ATタイヤに関してはゴムの素材は先ほど述べた通り、サマータイヤと同じなため、水分を吸収することができません。

このような理由により、ATタイヤは水分が多い雪質に弱いのです。

  

ランクル100雪国
この時も結構滑った記憶があります

  

  

実体験も本当に怖かった

私がここまでATタイヤの危険性について訴えるのには訳があります。

それは。。。。

 

自分自身ATタイヤを履いたSUVで雪道を走行した時、事故を起こしそうになった経験があるからです。

  

当時、まだ自分の車をもっていなかったころ、実家のランクル100をよく乗り回していました。

私はスノーボードが好きということもあり、実家のランクル100で何回かスノーボードに出かけたことがあるのですが、湯沢に行った時は地獄でしたね。

まず、高速道路が雪で埋もれはじめたのでブレーキを少し踏んだら、リアが流れ始め、タコ踊りをかまし

インター出口の下り坂カーブが交通量が多く10km/hぐらいしか出ていない状態だったんですが、いざ停止しようとした際、カーブがスロープ状になっていたためかどんどん隣の車のほうに流れていったしまいました。

幸いにも接触事故などは起こさなかったのですが。。。。

  

単純に運が良かっただけです

  

スキルもへったくれもありません。。。。

運です。

また、兄に聞いたところ

  

友達とスキー行った帰りの峠道で180度回転決めた!

  

とか

父親は

  

水上からの下り坂、まじで車が止まらなくなった

  

など

家族内で恐ろしい話が多々発生しました。

もちろん、この時チェーンは持っていたんですよ?

ただ、本当に少しの積雪量だとしても雪質によっては止まらなくなります。

それにSUVということもあってたちが悪いのが

  

発進できてしまうこと

  

もしも発進できないならあきらめてチェーンを着けるんですが、発進できてしまうとチェーンを着ける判断が遅くなってしまうんですよね。

こんな経験もあり、実家はランクル200に乗り換えるタイミングでATタイヤをやめ、今はサマータイヤとスタッドレスタイヤをしっかりと使い分けています。

  

ランクル100_200
珍しいランクル100(前期)と200(後期)のツーショット

  

  

ただし使用禁止というわけではない

ここまで読むとATタイヤはスノータイヤとして使用していいのか混乱されるかもしれませんが

  

一応スノータイヤとしての使用が許可されています

 

基本的に日本の高速道路はタイヤの側面に「M+S」や「SNOW」のような文字が印字されていれば冬用タイヤ規制の時も走行がが可能です。

なのでATタイヤを購入すれば雪道かつ冬用タイヤ規制の高速道路を走行出来てしまうということは事実なのですが。。。。

  

もう一度言っておきますが、本当に滑りますからね??

  

スタッドレスタイヤ代わりとして使うのであればそれなりの覚悟の上使ってください。

  

私は絶対にお勧めしません。

  

■関連記事

  

  

まとめ

それでは以上でATタイヤを雪道で使用した時の危険性について終わりにしたいと思います。

この記事を読んだ方の中にはATタイヤを依怙贔屓していると思われる方もいるかもしれませんが、私個人としてはATタイヤは雪道では恐ろしくて使えないと思っています。

しかし、見た目のかっこよさや、砂利や泥の時もある程度の性能を発揮してくれることを考えるとSUVにはあっていると思います。

なのでサマータイヤだど車のイメージが違うなと思った場合、サマータイヤ代わりとしてATタイヤを購入し、冬はスタッドレスタイヤを装着することを強くおすすめいたします。

それではまた!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました